トップページ

    このサイトではアメ車の査定相場を知って高く売るためにおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「アメ車の査定相場を調べて高額で買取をしてくれる車買取店に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているオススメの一括査定サイトで検索してみてください。

    アメ車を高額買取してもらうために外せないのが「複数の車買取会社に査定をしてもらって、あなたが乗っているアメ車の査定相場を知る」ということです。1社の車買取店だけとか家の近くにあるディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら、査定相場が分からないまま言い値で売ってしまう可能性があるのでどう考えても損をします。

    中古車一括査定サイトなら2分位で入力できるので簡単に査定相場をチェックすることができます。何社かの車買取業者からの査定額を比べられるので、アメ車の査定相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心感も抜群です。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社へアメ車の査定依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    その上、全国対応で使うのはタダ。

    「できるだけ高く売りたいからアメ車の査定相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているアメ車の査定相場が表示されるうえに、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくので、数年落ちのアメ車でも高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    アメ車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗ってるアメ車の査定相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした提携業者だけが登録していますので、しつこい営業を受けることはありません。
    車買取業者から電話があった時は1社だけで即決せずに、複数の業者に査定を依頼することでアメ車の高価買取が可能になります。

    最大で10社がアメ車の見積もり査定をしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたが大切に乗ってきたアメ車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10業者がアメ車の査定額を出してくれます。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、複数の買取業者に依頼をして長年大切にしてきたアメ車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、年間取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に展開していて出張査定は無料です。

    外車王は外車を専門とした輸入車の買取専門業者なので、外車のアメリカ車であれば大手買取店より高額買取が実現する可能性が高いです。
    ですので、あなたが愛用してきたアメリカ車を高く売るなら最初にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って査定相場を比較してみてください。

    いくつかの買取専門業者に査定をしてもらった後で、最後に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。査定相場よりも高い買取金額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたアメ車を売りましょう。






    車買取コラム

    中古車の買取査定のために業者まで出向く時間がないときなどには、ほとんどの会社では、業者が自宅などに出向いてくれる出張査定があります。

    中古自動車査定士が車のあるところまで来て現物を見ながら査定して、見積金額を教えてくれます。

    このような査定の方法は、同じ時刻に何社かの査定スタッフに出向いてもらうのも自由です。

    同時にたくさんのスタッフに依頼すれば時間の節約にもなるでしょうし、一緒に査定した業者間で査定額の競争が行われるので最終的な査定金額が高くなることが期待できます。

    買取業者などが中古車の査定をする場合に査定する人が所持しなければならない国家資格はないのですが、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、小型と大型車に分別されています。

    技能試験や学科試験に受かることが必須で、半年以上の実務経験もないと資格取得が叶わないので、中古自動車査定士の資格があれば、査定スキルが一定以上のレベルにあるということがうかがえるのです。

    大抵の業者は良心的ですが、ごくごく一部には、極悪非道なことをする業者も紛れています。

    例を挙げるならば、見積もり査定の申し込みの時に、見積もりの後に車を持っていくことが可能ならば査定金額を高く出来ますなどと言われて、即時にその車を明け渡すように勧められて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、その会社の連絡先がなくなっているという手口の詐欺も横行しています。

    一定の手続きを踏むことをしないで妙に早く車の明け渡しを迫る会社には注意が必要ですね。

    全損というのは、車が修理不能なほど壊れている状態を指します。

    しかし全損はおおまかにふたつに分けられます。

    物理的全損といって修理すら出来ないお手上げ状態が1つめで、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。

    事故などの際、車両保険から支払われる額は、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    JAAI(日本自動車査定協会)が発行するデータブックを使い、保険会社は価格を割り出します。

    もし実勢価格と違うと思ったら、納得がいくまで説明を求め、金額については交渉しましょう。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、おおよそ1万kmが標準といわれています。

    業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、これが10万キロともなれば過走行車扱いで査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障しているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    備えあれば憂いなしと言いますが、車を売ると決めたら段取りをしておくほうが、気持よく査定も迎えられますしより良い値段をつけてもらえることも多いです。

    準備というと大げさな気がしますが、車内外の掃除は不可欠です。

    それから他メーカーのパーツに交換した車の場合は、元のパーツが手元にあるなら付け替えておきましょう。

    メーカー純正パーツの車というのは買取り査定ではプラスがつく可能性が高いのです。

    他には、もし査定から売却までの期間を縮めたいのであれば、事前に印鑑証明や納税証明書など必要書類を揃えておくと良いです。

    自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、前もって予測することが不可能ないざこざに巻き込まれてしまうことがありますね。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額する場合があります。

    後から問題点に気付いたと言われた場合、事故歴の隠蔽などがあったのならばきちんと申告しなかった自分側が責任を取る必要があるでしょう。

    しかし、自分が何も悪くないときには、契約以前に査定で見落としした側が責任を取ることでしょうから、売却側には何も責任がないと言うことは了承しなくても構わないということになります。

    同時に多数の車買取会社のスタッフに出張査定予約を入れて、時を同じくして中古車を査定してもらうことを「相見積もり」といいます。

    相見積もりによるメリットは、価格競争を起こさせて査定額を上げることですね。

    中には相見積もりを依頼すると嫌悪感をあらわにする業者もいますが、快く相見積もりを引き受けてくれる買取会社は購入意欲が高い会社が多いようで、査定額が業者間でつり上がることを期待しても良いでしょう。

    ちょっとでも中古車の査定額をアップするために効果が高い方法といえますね。

    家族名義の車や別居の親族の車なども手間はかかりますが売れないことはありません。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は書類上の所有者の方の印鑑証明と、実印を押した委任状に、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    しかし所有者が既に亡くなっている際は、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。

    したがって、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、かなり手間がかかると考えて間違いありません。